French Report

フランスパンとクロワッサン

ad

French Report: パソコンの充電器にチーズが詰まった為、当分はブログを更新できません。

ーさて。今まではパリの中にずっといましたが、これからはパリを出てフランス一周の旅に出たいと思います。最初の目的地はボルドー。ボルドーと聞いて思い浮かべるのはやはりワインではないでしょうか。そのボルドーに一週間ほど滞在したいと思います。

 

さて、パリのモンパルナスタワーのすぐそばにある、駅から、TGVを乗ってボルドーに行きます。

ここではじめて乗車チケットを買ったのですが、買い方が分からなくて困りました。

なぜなら、チケットは券売機で買うのです。

 

フランスでは、FREEモバイルやマクドナルド、その他美術館や博物館の入場券などに見られるように、あらゆるところで自動化が進んでいます。

 

それ自体は、様々な面で効率的であるのでいいとは思うのですが、今の時点ではこの自動券売機は言語の面で問題だらけでした。

 

一応、英語が用意されている券売機は多いのですが、それはなぜか最初のページだけでした。

 

あれ。

 

次のページに行くと、半分英語で半分フランス語というなぞの組み合わせになっているので、券を買う人の推測力を試す機械に仕上がっています。

 

あまりにもオプションが多すぎたので、私の推測力では券を買うことはできませんでした。

なのでインフォメーションに行ったのですが、私たちはお答えできませんと言われました。

 

そんなことってあるんですね。

 

なのでしばらく駅をテキトーにあるいていたら、チケットオフィスがありました。

 

そこでようやくチケットを書くことができました。

が、チケットオフィスのなかはフランス語が話せない人であふれていたので、チケットを買えるまでには30分かかりました。

 

そこから、TGVにのってパリの街から出ていきました。

 

ここから見える景色は本当にきれいです。

 

乗っていたTGVがはやすぎて、写真は撮れなかったのですが

 

一面にひまわり畑が広がっています。

 

こんな感じでした。

 

f:id:jlow:20170720195548j:plain

 

ずーっと黄色一色のひまわり畑を眺めながら

気が付いたら、ボルドーに到着していました。

 

ボルドーに着くと、まずは宿に行くことにしました。

 

今回とったのは、airbnb。

 

フランスあるあるだとおもうのですが、建物の景観がある程度保たれているので、中にどのようなお店が入っているのかは、近くに行かないとわからない。

 

ちょこっと、看板が立っているだけだったりするので、iphoneのmapアプリが頼りにならない時は大変だ。

 

そこで、ちょっとてこずってairbnbの宿にたどり着きました。

 

ホストの人に自己紹介をしてもらい、そこで「私たちの家はアニメだよ」って言われました。

 

アニメーションに豊富な活発な家だということです。

 

実際その説明をされたときは、ホストの方は酔っぱらっていたのかそれとも他になにかに手を出していたのかは分かりませんでしたが、とても気持ちよさそーな顔をしていました。

 

いい人そうだったので、この宿をとってよかったです。