French Report

フランスパンとクロワッサン

ad

French Report: モンマルトルを歩く

ーパリ北部にあるモンマルトル。この地域はパリの18地区にあるところで、パリの中でもわりかし治安が悪いところだと言われています。しかしこの地区には、ムーラン・ルージュやサクレ・クールなど世界的に有名な観光名所もあります。なので、パリに来てこの地域に行かないという選択肢は考えられません。今回はこのパリ18地区を舞台に話を進めます。

 

f:id:jlow:20170708180149j:plain

 

昨夜、ホステルに戻った後、パッとシャワーを浴びて寝ようと思った。

 

が、しかし十時前にして

 

まだ外は明るかった

 

なので、寝る前に屋上に行ってみようと思った。

 

私の泊まっていたホステルは屋上があり、そこからの夕日がきれいだと聞いた。

 

なので、屋上まで階段を上って、外へ出ると

 

人がいっぱい。

 

パリの夕日を見逃すまいとホステルの住人がこぞって集まっていたのだ。

 

私が上に上がった時間は10時すぎくらいで、ちょうど、太陽がサクレ・クールの後ろに降りるところだった。

 

もうこの時点でまたしても、フランスえ~な~て思いましたね。

 

もうめちゃめちゃきれいでした。

 

そのあと、完全に暗くなるまで時間があったので

屋上でゆったりとしていた人たちと、旅について語り合っていました。

 

ワイン片手に話している人たちや、すごいいいカメラを使って写真撮っている人たちもいれば、カメラロールから旅の思い出を楽しそうに話している人までいろんな人たちがいました。

 

そこで、はなしていた時に、バルセロナがめちゃめちゃいいと聞いて、ちょっとだけ行きたくなりました。

 

この旅の本来の目的は、フランス語を習得することにあったので、フランス国内だけを回ろうと思っていたのですが、少しだけならバルセロナもありだなって感じになりました。

 

f:id:jlow:20170708181654j:plain

 

はい。こちらがサクレクールです。

 

中に入ってみると、ステンドグラスがとても美しいです。

 

f:id:jlow:20170708181953j:plain

 

めちゃくちゃきれかったです。

 

下の写真が、モンマルトルの丘から

見ろ下したパリの街です。

 

f:id:jlow:20170708182114j:plain

 

ここからはパリの街が一望できます。

 

まじで一望できます。

 

ここに到達するには長い階段を上らなくてはなりませんが、上る価値は確実にあると思いますね。

 

さて、サクレクールを見た後は、その周辺をぶらぶら歩いてみることにしました。

適当に歩いていても、やはりパリは建物自体がきれいやな~ておもうようなものばっかりで、おもしろいです。

 

なのでそのまま適当に歩いていると、

画家のエリアにたどり着きました。

 

f:id:jlow:20170708182513j:plain

f:id:jlow:20170708182542j:plain

 

この二つは特に気に入りました。

 

画家の方たちがたくさんいたのですが、それぞれ自分独自のスタイルを持っており

それを貫き通しているのでめちゃめちゃかっこいいと思いました。

 

実際どれだけ売れているかはわかりませんが、似顔絵を描いてもらっている人たちが多くいたので、ほとんどそれで稼いでいるんじゃないかなと勝手に推測しました。

 

おそらく、次行くときには並んである数々の絵画は新しいものに変わっていると思うので、それを楽しみにまた来ようと思いました。